一般社団法人躰道本院

日本語English

一般社団法人 躰道本院とは

祝嶺正献しゅくみねせいけんが創始した玄制流空手と躰道の術技や型(法形)を正しく普及させ、二つの武道の共通理念である共存共栄・社会貢献を実現するとともに、創始者の知的財産である著作物や商標を適切に管理運営することを目的として2011年9月16日に設立された団体です。

本法人は、術技や型(法形)を研究研鑽する「祝嶺の型研究会」、共通理念である共存共栄・社会貢献を実現するため幅広い人々に武道を体験していただくための「健康武道事業」、そして創始者の知的財産を管理する「管理事業」の三つの部門からなります。

About the Taido Foundation

The main objective of Taido Foundation is to preserve and to spread the correct techniques and kata (hokei) of Gensei ryu karate and Taido, created by Shukumine Seiken.

In order to co exist and to contribute with the society, a common philosophy of both martial arts, and properly manage and operate the copyrighted work and intellectual property of the founder the Taido Foundation was established on 16 September 2011.

The Taido Foundation, in order to study and preserve the techniques and kata (hokei) has created the Shukumine Kata Research Group. With the common philosophy of co exist and to contribute with the society by bringing allowing to a broad range of people to experience the martial arts in order to attain health and balance in their daily lives.

ページのトップへ戻る